タバコってなんだろう?

私たちがこれまで学んできたタバコの知識というと…

  • 20歳になるまで吸ってはダメ
  • 体に悪い・癌になる
  • 子供は成長に影響を及ぼすから吸ってはダメ

学校の保健体育で習ったとしても、おそらくこの程度の事だと思います。

「もし、自動車学校に行かず免許も持たず、車を運転したら」どうなるでしょう?

あちこちで事故を起こしてしまいます。しかも自分の身ばかりでなく、他人の身にも…

受動喫煙の一番の被害者は誰だろう?

受動喫煙の被害者って誰だと思いますか?

レストランや職場などで人の煙の被害を受けている人?

喫煙者を親に持つ子ども?

実は、喫煙者自身が一番の被害者なのです。

喫煙者が吸い込む時に出る主流煙と、タバコの先から立ち上る副流煙。

この2つを比べると、副流煙の方が被害が大きいことは皆さんご存知ですよね。

では、この副流煙を一番吸っているのは誰でしょう?

そう、一番近くにいるのは喫煙者自身なのです。副流煙の被害はタバコを吸わない人が受けるものと何となく勘違いをしてしまっている人が多くいます。

喫煙者自身が一番気づいておらず、「タバコを吸っている方が安全」と間違った認識を持っている人がとても多くいます。

どうしてこんな勘違いを起こすの?

知らずに吸い始める

世界中が禁煙の方向に進む中、日本の財務省とJTは一部の人たちの利益を守るためという理由で、タバコについて正しく学ぶ機会を与えようとせず、20歳になったら誰でも吸えてしまう環境をつくり、それを維持することに一生懸命になっています。

多くの喫煙者(ほぼ全員と言っていいでしょう)は、タバコの知識を与えられないまま吸いはじめ、ニコチン依存になって体(てい)のいい消費者に仕立てあげられてしまっているのです。


吸っている人の自己責任という誤解

「自分の意思で好きで吸っているものだから」と喫煙者も非喫煙者も勘違いをしてしまっています。このため、喫煙者は負い目を感じ仕方ないと諦め、非喫煙者も「喫煙者がマナーを守れば好きで吸ってるものだから」ということを思ってしまっています。

 実際にはタバコに含まれるニコチンに脳が支配され、吸うことをやめられなくなってしまっているのです。その支配の事を依存症と言います。これはとても強力で、やめたいと思う本当の気持ちを抑えこませ、吸う理由を見つけ出させるようにさえコントロールされてしまうのです。

 色んな脳の研究データから、「タバコを好き」と思って吸っている人はいない事が分かってきています。

受動喫煙を防ごう

「分煙」では意味がありません!

例えば、レストランなど良好に換気されている室内で

 ・喫煙者 

   8時間で10本のタバコを吸ってもらう

 ・非喫煙者

   8時間、分煙のスペースに居てもらう

【結果】

血液検査でジメチルニトロソアミン(発癌物質)を測定

 ・喫煙者  :100~500ng

 ・非喫煙者:40~400ng

なんと!発癌物質はほとんど変わらない!!!

参考:禁煙学 改訂2版(日本禁煙学会編)

受動喫煙の被害にあわないために、大切な家族を守るために、近くの完全禁煙のお店をさがそう!

禁煙スタイルは近くの禁煙のお店を探せるサイトです。

サードハンドスモーキングに注意しよう

副流煙を吸い込むだけが受動喫煙だと思っていませんか?

喫煙者のいる部屋や服にはタバコの臭いと一緒に、有害物質も残っています。

こういった室内の空気、カーテンについた臭いを分析すると、タバコの主成分が検出されるのです。タバコの臭いがするということは、タバコに含まれる有害物質を吸い込んで臭っているということです。
このような受動喫煙の形を第三の喫煙、サードハンドスモーキングと言います。

イエローグリーンリボンは「受動喫煙を避けたい」という意思表示です。

長崎県佐世保市の市民のアイデアで始まったイエローグリーンリボン。

自分や家族の健康のために、あなたも意思表示してみませんか?

イエローグリーンリボンをかたどったバッジは佐世保市市役所の健康づくり課にお問い合わせ下さい。